日本行-国営昭和記念公園

山羊百科,林文智老師的植物、山岳、攝影紀錄

Jump to: navigation, search

日本Japan東京Tokyo国営昭和記念公園 Showa Kinen Park
2014/04/16

目錄

日記

  今天的重點是国営昭和記念公園,一個面積超大的公園,光看到地圖頭就很痛,前幾天拍的數量已經夠忙一陣,再繼續追加圖檔,那真的會沒完囉!!

  從立穿車站出發就繞錯方向,跑到昭和天皇記念館,走一圈草坪才驚覺方向不對,幸好沒花太多時間,不過,拍到一些殼斗科物種,日本對於殼斗科物種也是相當重視,畢竟溫帶國家的物種數量不同於台灣,我們好似當垃圾一般,草坪居然見到一堆長葉車前草 Plantago lanceolata開花株,原本想要閃人,只好我這多補些畫面。

  入口處就是整排修剪整齊的銀杏 Ginkgo biloba,這裡的造景可以直接感受西洋造景的概念,銀杏行道樹正值萌芽期,細察還真的見到雄花穗,當然先拍再說,既然都能見到雄花穗,就可以慢慢找到雌花;不過,其它物種的開花株還是儘可能的拍,至少見到楊梅 Myrica rubra雄花株,植物明顯比我們高大許多,雄花穗是少見的密生與長度,看來以後出國拍植物都要留意一些共同擁有的物種,或許可以激發一些不同的想法,這些天也是看到不少莢蒾屬 Viburnum物種被視為栽培種,應該說物種具被園藝潛力的物種都會有一段的人工馴化與選種,多樣性愈高,花園的可看性就會愈高,我們好像不太一樣,過度單一化,景點的花況無法顧及全年,自然呈現遊客的高低峰。

  地圖顯示眾多地貌與植物專區,當然主目標是在櫻花林,雖然步道旁依然散生櫻花,還是要再補一些畫面,這兩天見到山茱萸 Cornus officinalis植株花況都不太好,總算拍到花況不錯的開花株,通過行人路橋見到雪松屬 Cedrus物種的枝椏果實,一個完全沒見過的針葉樹物種科、屬,當然先拍再說,日後行走其它植物園見到的機會都很大。

  見到眾多遊客往同一方向行進,自然就先跟隨,一路盡看一堆草本物種,多數都是栽植未久,整體造形尚未完整,只能拍到部分的物種,到是薔薇科 木瓜屬 Chaenomeles的物種轉為園藝種,都是灌木型態,已少見為小喬木姿態,順著走到溪流廣場,一堆鬱金香順著水道大面積栽種,難怪大家都擠在這邊賞花,而旁邊則是採大面積栽種罌粟屬Papaver nudicaule,總是應景的補一些景觀畫面,此地的主事者會把品系名稱全部豎解說牌,讓遊客瞭姐其差異,台灣就沒如此細膩作風,反正種一遍,一張解說牌搞定,只能拍幾種品種視為代表,其它再說,還是櫻花樹種優先,沒想到昨天才拍到的Orychophragmus violaceus開花株,此地的落葉林底層也是花況超好。

  此地的櫻花樹種大概都是早春品系,此時已經不容易見到開花株,只能隨便拍,此景底大概是面積最廣的草本物種天堂,初春與夏天最好的點,目前算是青黃不接,卻採用數量龐大的鬱金香造就熱點,園區的遊園專車也是賣點,車速不快,繞行主幹道,可愛造形增添不少賣點,太多的自生的草本物種並無掛解說牌,就不太敢多拍,免得回家操死自己。

  回程通過路橋卻發現豬腳楠 Machilus thunbergii樟樹 Cinnamomum camphora開花株,原來樟樹的漢字稱,難怪老一輩說樟樹,都叫,難怪年輕輩的都聽的怪怪的。今天可以說是大綱式的拍攝,走一圈就耗不少時間,回到旅館查看航跡發現不少地點還真沒走到,下回要來可要好好想想。

物種

圖檔

地圖

Tour Web

Japan Plant Web

Book

  • 大川智史,林将之 2016 琉球の樹木 文一総合出版 ISBN 978-4-8299-8402-4
  • 大原 隆明 サクラハンドブック 文一総合出版 ISBN-10: 4829901810
  • 大貫 茂 1994 全国花の群落地ガイド 山と渓谷社 ISBN 4-635-00561-5
  • 大場 達之,熊田 達夫 1982 フィールド百花 山の花 1 山と溪谷社 ISBN 4-635-02014-2
  • 大場 達之,木原 浩 1982 フィールド百花 山の花 2 山と溪谷社 ISBN 4-635-02015-0
  • 大場 達之,木原 浩 1982 フィールド百花 山の花 3 山と溪谷社 ISBN 4-635-02016-9
  • 木原 浩, 田中 秀明, 川崎 哲也, 大場 秀章 新日本の桜 山と溪谷社 ISBN-10: 4635061922
  • 井上浩 1982 富士山の植物 小学館 ISBN: 4092140142
  • 茂木透/写真 高橋秀男/監修 勝山輝男/監修 石井英美/〔ほか〕解説 2000 樹に咲く花 離弁花 1 山と溪谷社 ISBN 978-4-635-07003-4
  • 茂木透/写真 高橋秀男/監修 勝山輝男/監修 石井英美/〔ほか〕解説 2000 樹に咲く花 離弁花 2 山と溪谷社 ISBN 978-4-635-07004-1
  • 茂木透/写真 高橋秀男/監修 勝山輝男/監修 石井英美/〔ほか〕解説 2001 樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物 山と溪谷社 ISBN 978-4-635-07005-8
  • 白籏 史朗 1992 写真紀行 白籏史朗の変幻富士 新日本出版社 ISBN 4-406-02035-7
  • 白籏 史朗 2000 白籏史朗の山の花撮影テクニックと見分け方 山と渓谷社 ISBN 4-635-74005-6
  • 平野 隆久,菱山 忠三郎,畔上 能力 · 西田 尚道 1989 野に咲く花 山と溪谷社 ISBN 978-4-635-07001-0
  • 永田 芳男 1988 北岳のお花畑 山と渓谷社 ISBN 4-635-02029-0
  • 永田 芳男,西田 尚道,菱山 忠三郎 1996 山に咲く花 山と溪谷社 ISBN 978-4-635-07002-7
  • 加藤要 随想,中村恒雄 解説 昭和49年(1974年) カラー 花木 1 山渓カラーガイド 44 山と渓谷社 0345-001044-8521
  • 加藤要 随想,中村恒雄 解説 昭和51年(1976年) カラー 花木 2 山渓カラーガイド 45 山と渓谷社 0345-001045-8521
  • 俊雄 勝木 日本の桜 (フィールドベスト図鑑) 学習研究社 ISBN-10: 4054012744
  • 牧野 晩成 1977 自然観察と生態シリーズ 4 山の植物 ISBN 4-09-214005-3
  • 牧野 晩成 1979 自然観察と生態シリーズ 5 高山・海岸の植物 小学館 ISBN 4-09-214005-3
  • 青山富士夫 1984 高山の花 自然観察シリーズ 21 生態編 小学館 ISBN 4-09-214021-5
  • 菅原久夫 1991 フィールド・ガイドシリーズ 9 高山植物 小学館 ISBN 4-09-208009-3
  • 富成 忠夫 1979 野草ハンドブック 1 春の花 山と溪谷社 ISBN 4-635-06001-2
  • 富成 忠夫 1979 野草ハンドブック 2 夏の花 山と溪谷社 ISBN 4-635-06002-0
  • 富成 忠夫 1980 野草ハンドブック 3 秋の花 山と溪谷社 ISBN 4-635-06003-9
  • 豊国秀夫 1988 日本の高山植物 山と渓谷社 ISBN 4-635-09019-1
  • 奥田実 1987 大雪山のお花畑 山と溪谷社 ISBN 4-635-02027-4
  • 奥田実 1992 大雪山 山渓山岳写真選集 10 山と溪谷社 ISBN 4-635-04160-3
  • 清水 建美 1986 高原と高山の植物 1 保育社 ISBN 4-586-31018-9
  • 清水 建美 1986 高原と高山の植物 2 保育社 ISBN 4-586-31019-7
  • 清水 建美 1986 高原と高山の植物 3 保育社 ISBN 4-586-31020-0
  • 清水 建美 1986 高原と高山の植物 4 保育社 ISBN 4-586-31021-9
  • 梅沢 俊 2007 新北海道の花 北海道大学出版会 ISBN 978-4-8329-1392-9
  • 梅沢 俊 2014 新版 北海道山の花図鑑 利尻島・礼文島 北海道新聞社 ISBN 978-4-89453-740-8
  • 紀村朋子 編 1992 花の山旅50コース : 東京周辺 山と渓谷社 ISBN 4-635-00475-9
  • 穂苅 貞雄 1991 槍ガ岳 山渓山岳写真選集 9 山と溪谷社 ISBN 4-635-04159-x

Reference


  1. Ono, mikio 1991 The Flora of the Bonin (Ogasawara) Islands: endemism and dispersal modes ALISO 13 (1) 95-105
  2. Suwa, Rempei, Rashila Deshar, Akio Hagihara 2009 Forest structure of a subtropical mangrove along a river inferred from potential tree height and biomass Aquat. Bot. 91(2): 99-104

  1. 大屋哲 2008 徳之島の植物採集記錄 鹿児島県立博物館研究報告 27:59〜64
  2. 三樹和博 2016 相模原市域(神奈川県北西部)における維管束植物相の特徴 神奈川自然誌資料 37 11-16
  3. 青木京子 2015 日本の森林樹木の地理的遺伝構造(11) シイ類(ブナ科 シイ属森林遺伝育種 4 173-179
  4. 林 弥栄,小山芳太郎,小林義雄作,大河原利江川,峯尾林太郎,飯田重良 1966 高尾山天然林の生態ならびにフロラの研究 - 森林総合研究所 林業試験場研究報告第 196號
  5. 清水善和 1997 小笠原諸島におけるノボタン属の生態:新発見ムニンノポタン群生地の現況を中心に 駒澤地理 33 49-76
  6. 新本, 光孝 2008 亜熱帯沖縄における天然生常緑広葉樹林の研究 -秘境西表島での研究から- (退官記念研究論文集)( 第6章~第9章 ) 熱帯生物圏研究センター
  7. 鈴木, 邦雄 1979 琉球列島の植生学的研究 - 横浜国立大学教育人間科学部紀要 5 (1) 85-160
  8. 寺師, 建次 奄美大島スダジイ林の群落構造 鹿児島県森林技術総合
  9. 久保田康裕 2009 琉球列島における河畔生態系の生産量評価と生物多様性の保全に関する研究 河川財団
  10. はじめに 2014 筑波実験植物園植物目録2013 Bull. Natl. Mus. Nat. Sci. 39 1–271
  11. 渡辺洋一 2017 日本の森林樹木の地理的遺伝構造(17)オンツツジ(ツツジ科ツツジ属森林遺伝育種 6 54-58
個人工具
廣告贊助